交通事故 神田幸子さん(48)が2台のタクシーにはねられ死亡 大阪府大阪市旭区大宮

事故の概要

2017年11月28日午後11時ごろ、大阪府大阪市旭区大宮の交差点で、横断歩道を渡っていた女性が2台のタクシーにはねられる事故がありました。

この事故で、近くに住むアルバイトの神田幸子さん(48)は意識不明の重体で病院に搬送されましたが、その後、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は大阪府堺市西区のタクシー運転手(53)と兵庫県尼崎市のタクシー運転手(69)を過失運転致死の疑いで現行犯逮捕しましたが、その後、釈放していて、今後任意で事情を聴いて当時の状況を詳しく調べることにしています。

事故の状況について

横断歩道を渡っていた女性が走ってきたタクシーにはねられて転倒し、さらに後ろからきた別のタクシーにもはねられた事故です。

しかし、警察によりますと女性が横断していた横断歩道は、車の進行方向の信号は青で、横断歩道の信号は赤だった可能性があるということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

複数(2台以上)の車にはねられた場合の損害賠償と過失割合、加害者の罪について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA