交通事故 八木貞子さん(68)が車にはねられ死亡した事故で、松林時男容疑者(90)を逮捕 愛媛県今治市神宮

事故の概要

2017年11月25日午後5時過ぎに、愛媛県今治市神宮の国道の交差点で、自転車に乗って道路を横断していた近くに住む八木貞子さん(68)が、右側から走ってきた乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、八木さんは病院に搬送されましたが、頭などを強く打っており、搬送先の病院で26日午前に死亡が確認されました。

警察は、乗用車を運転していた愛媛県今治市菊間町に住む松林時男容疑者(90)を過失運転傷害の疑いで、現行犯逮捕しており、今後は容疑を過失運転致死に切り替えて事故の状況や原因を詳しく調べています。

事故の状況について

事故の現場は、片側2車線の見通しのよい国道と市道が交わる信号機のある交差点で、自転車専用の横断帯があり、八木さんは横断帯の付近ではねられたとみられています。

事故のあった時間は、辺りは薄暗くなり始めていたときということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

横断歩道を渡る歩行者をはねてしまった場合の過失割合

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA