交通事故 古川節子さん(77)が死亡した交通事故で群馬県桐生市職員の峯岸靖子容疑者(49)が逮捕 群馬県伊勢崎市間野谷町の県道

事故の概要

2017年11月25日午後3時20分ごろ、群馬県伊勢崎市間野谷町の県道で、軽乗用車が対向車線のミニバイクと衝突する事故がありました。

この事故で、ミニバイクを運転していた群馬県桐生市に住む古川節子さん(77)が病院に搬送されましたが、頭を強く打っており、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は軽乗用車を運転していた群馬県桐生市の職員の峯岸靖子容疑者(49)を過失運転致傷の疑いでその場で逮捕しました。

峯岸職員は、警察の調べに対して「カーナビでテレビを見ていたら車線をはみ出した」などと話しているということで、警察は事故の詳しい状況を調べています。

事故の状況について

事故の現場は片側一車線のほぼ直線の道路で、信号機はなく、見通しはいいということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA