交通事故 特産品を販売する催しものの会場に、軽乗用車が突っ込む事故 三重県紀北町引本浦の漁港

事故の概要

2017年11月25日午前11時15分ごろ、三重県紀北町で、地元の特産品を販売する催しの会場に、軽乗用車が突っ込む事故がありました。

この事故で、31~44歳の女性4人が軽傷を負いました。

警察によりますと、軽乗用車を運転していた男性(57)は「車を止めようとしたところ、誤ってアクセルを踏み込んだ」と話しているということです。

事故の状況について

三重県紀北町引本浦の漁港で開かれていた、地元の海産物や野菜などを販売する催しの会場で、事故当時、会場には100名程度の人があつまっていました。

軽乗用車を運転していた男性は、出店するブースに荷物を運ぶため車で会場を訪れたということで、「車を止めようとしたところ誤ってアクセルを踏み込んでしまった」と話しているということです。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

怪我がなくても自分の自動車保険から支払われる保険金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA