交通事故 緊急走行のパトカーが乗用車に衝突した事故 神奈川県横浜市神奈川区入江

事故の概要

2017年11月23日午後11時40分ごろ、神奈川県横浜市神奈川区入江の市道で、交通違反のバイクを追跡していた緊急走行中のパトカーが、別の乗用車と衝突する事故がありました。

この事故で、普通乗用車を運転していた神奈川県横浜市神奈川区に住む男性(18)は、右肩を打撲する怪我を負いましたが、パトカーを運転していた神奈川署地域課の男性巡査長(36)と同乗していた男性巡査部長(38)に怪我はありませんでした。

事故の状況について

赤信号の十字路交差点に緊急走行のパトカーが進入した際に、左から来た普通乗用車と衝突した事故で、パトカーは職務質問から逃走し、信号無視をして走行していた2人乗りのバイクを約900メートルにわたり追跡中だったということです。

新野誠副署長は「事故の事実関係を調査した上で適正に対応します」としています。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

緊急走行のパトカーなどの緊急車両と交差点で出会い頭に衝突した場合の過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA