交通事故 山東良文さん(93)と妻の和子さん(85)が軽乗用車にはねられ死亡 宮城県仙台市青葉区立町の広瀬通

事故の概要

2017年11月24日午後5時10分ごろ、宮城県仙台市の広瀬通で、道路を横断していた高齢者の夫婦が軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、宮城県仙台市青葉区片平1丁目に住む山東良文さん(93)と妻の和子さん(85)は車の下敷きになるなどして病院に搬送されましたが、全身を強く打つなどしており、搬送先の病院で、ふたりの死亡が確認されました。

警察は、軽乗用車を運転していた福島県福島市に住む安齋祐希容疑者(24)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

安藤容疑者は警察の調べに対して、「気が付いたら目の前に2人がいた」と話しているということです。

事故の状況について

事故の現場は、立町小学校の南側で、横断歩道や信号などはない場所です。

2人は道路を横断しようとしていた際に、仙台駅方面に向かって走っていた軽乗用車にはねられたと見られていて、警察が詳しい事故の状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA