交通事故 道路で転倒していた柳原清明さん(62)が乗用車にはねられ、中学校教諭の奥山隆敏容疑者(30)を逮捕 北海道札幌市中央区南6条西3丁目の通称「ススキノ」の歩道

事故の概要

2017年11月21日午前0時半ごろ、北海道札幌市中央区南6条西3丁目の通称「ススキノ」の歩道で、転んでいた柳原清明さん(62)が乗用車にひかれる事故がありました。

この事故で、柳原さんは病院に搬送されましたが、意識不明の重体です。

警察は乗用車を運転していた北海道札幌市に住む中学校教諭の奥山隆敏容疑者(30)を逮捕しました。

奥山容疑者は「ひいた認識はない」と容疑を否認していて、警察は調べを進めています。

事故の状況について

事故の現場は駐車場の入口になった場所での歩道上でした。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

病気や泥酔などにより、路上で倒れていることを路上横臥(ろじょうおうが)といい、被害者にも大きな過失が生じる事になります。

道路で倒れていた人をはねてしまった場合の過失割合 (路上横臥ろじょうおうが)

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA