交通事故 中学1年生の男子生徒(13)がひき逃げされた事故 愛知県北名古屋市高田寺

事故の概要

2017年11月21日午後9時40分過ぎに、愛知県北名古屋市の県道の交差点で、横断歩道を渡っていた中学1年生の男子生徒(13)が乗る自転車が、車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、近くに住む男子生徒は病院に搬送されましたが、頭の骨を折るなどの重傷を負っています。

警察はひき逃げ事件として走り去った車の行方を追っています。

事故の状況について

事故の現場は愛知県北名古屋市高田寺の県道と市道が交わる交差点で、名古屋中央卸売市場北部市場から300メートル北東の店舗などが建ち並ぶ場所です。

男子生徒は友人3人とサッカーの練習をして、自宅に帰るため、自転車で横断歩道を渡っていたところ、左から直進してきた車にはねられ、「人がはねられて車が逃げた」と後ろを走っていた車を運転していた男性から警察に通報がありました。

車はそのまま西春駅の方向へ走り去ったということで、警察はひき逃げ事件として行方を捜査しています。

怪我をされた男子生徒が一日でもはやく元気になることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA