交通事故 飲酒運転の乗用車に男性がはねられた事故 埼玉県川越市東田町

事故の概要

2017年11月20日午後11時ごろ、埼玉県川越市東田町の路上で、飲酒運転の乗用車に歩行者の男性がはねられる事故がありました。

この事故で、埼玉県川越市に住む会社員の男性(35)が左脚骨折の重傷を負っています。

埼玉県の川越署は21日に、自動車運転処罰法(過失運転傷害)と道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、鶴ケ島市脚折2丁目に住む調理師の男性(52)を逮捕しました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA