交通事故 スリップが原因の4台が絡む多重事故 長野県下諏訪町の国道142号

事故の概要

2017年11月21日午前0時半ごろ、長野県下諏訪町の国道142号で、スリップしてガードレールにぶつかった大型トラックに、後ろから来た大型トラック4台が次々と衝突する事故がありました。

この事故で運転手5人のうち4人が病院に運ばれ、うち埼玉県に住む男性(48)が足の骨を折る大怪我を負っています。

事故の状況について

県内では冷え込みの影響で各地でスリップ事故が相次いだということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

路面凍結のスリップ事故と道路管理者の責任について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA