交通事故 中野稔容疑者(30)が飲酒運転の事故で逮捕 福岡県水巻町

事故の概要

2017年11月20日午前3時半ごろ、福岡県水巻町で、飲酒運転の軽ワゴン車がコンビニの壁に衝突する事故がありました。

警察は軽ワゴン車を運転していた近くに住む派遣社員の中野稔容疑者(30)を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。

事故の状況について

通報を受けて駆け付けた警察官が、軽ワゴン車を運転していた中野容疑者調べたところ、基準値の4倍を超えるアルコールが検出されたということです。

警察の調べに対して中野容疑者は「家で焼酎2合を飲んだ」と容疑を認め、「腹がすいたので買い物に行く途中だった」と話しています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA