交通事故 中村悦男さん(67)と妻の保枝さん(62)が死亡した交差点での事故 三重県四日市市の国道

事故の概要

2017年11月18日午後0時10分ごろ、三重県四日市市の国道で、乗用車とトラックが衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車の後部座席にいた静岡県浜松市に住む中村悦男さん(67)と妻の保枝さん(62)が病院に搬送されましたが、全身を強く打ち意識不明の重体となっています。

また乗用車を運転していた息子の圭吾(31)さんと助手席に乗っていた圭吾さんの妹が軽傷を負っています。

トラックを運転していた男性にけがはありませんでした。

事故の状況について

事故の現場は、三重県四日市市東富田町の国道23号線の信号機のある交差点で、右折しようとした乗用車が対向車線から走ってきた直進のトラックと衝突した事故で、双方の信号機は青でした。

中村さんは家族で観光に向かう途中だったということで、警察が事故の原因を調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

信号機のある交差点での交通事故の基本過失割合 ~直進と右折車

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA