交通事故 乗用車が対向車線にはみ出し、パトカーと衝突する事故 愛知県名古屋市守山区長栄の県道

事故の概要

2017年11月17日午後8時5分ごろ、愛知県名古屋市守山区長栄の県道で、乗用車が対向車線にはみ出し、パトカーと衝突する事故がありました。

この事故での怪我人は出なかったということです。

警察は翌日の18日に、愛知県名古屋市中区丸の内に住む弁護士の伊藤勇人容疑者(36)を道交法違反(安全運転義務違反)容疑で現行犯逮捕しました。

事故の状況について

事故の現場は、片側一車線の直線道路で、伊藤容疑者の乗用車は、何らかの理由で対向車線にはみ出し、パトカーと衝突しており、原因を調べています。

補足関連記事

怪我がなくても自分の自動車保険から支払われる保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA