交通事故 高校1年生の男子生徒が乗用車にはねられた事故で、小林正樹容疑者(42)を逮捕 群馬県高崎市石原町

事故の概要

2017年11月15日午前7時20分ごろ、群馬県高崎市石原町のT字路交差点で、自転車で通学途中だった群馬県安中市に住む高校1年生の男子生徒(16)が右からきた乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、男子生徒は頭を強く打ち病院に搬送され、治療を受けていますが命には別状はないとみられています。

警察は同日、自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで、乗用車を運転していた群馬県高崎市八幡町に住む会社員の小林正樹容疑者(42)を現行犯逮捕しました。

警察の調べに対して小林容疑者は容疑を認めているということです。

事故の状況について

小林容疑者は、通勤途中だったということです。

怪我をされた男子高校生が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA