交通事故 理学療法士の竹田侑良容疑者(31)がひき逃げ事故の容疑で逮捕 大阪府熊取町紺屋の国道170号の交差点

事故の概要

2017年11月14日午後5時15分ごろ、大阪府熊取町紺屋の国道170号の交差点で、散歩中の近くに住む女性(82)がひき逃げされる事故がありました。

この事故で女性は病院に搬送されましたが、骨盤骨折などの重傷を負っています。

警察は翌日15日に自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(ひき逃げ)容疑で、大阪府貝塚市東山に住む理学療法士の竹田侑良容疑者(31)を逮捕しました。

警察の調べに対して竹田容疑者は「人をひいたことで怖くなった。事故を起こしたことで家族に迷惑や心配をかけたくなかった」などと容疑を認めているということです。

事故の状況について

竹田容疑者は仕事からの帰宅途中に事故を起こしてしまったということです。

怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA