交通事故 グループホーム「はなみずき」の送迎用軽乗用車がブロック塀に衝突した事故 福岡県太宰府市水城の市道

事故の概要

2017年11月14日午前11時過ぎに、福岡県太宰府市水城の市道で、グループホーム「はなみずき」の送迎用の軽乗用車が道路脇のブロック塀に衝突する事故がありました。

この事故で、軽乗用車の後部座席に乗っていた入所者の諏訪妙子さん(86)が意識不明の重体です。

また軽乗用車を運転していた施設の女性職員(67)が胸の骨を折る重傷を負ったほか、後部座席に乗っていた別の女性職員(56)も首に痛みを訴えて病院に運ばれ、治療を受けています。

事故の状況について

事故の現場は緩やかな下り坂で、入所者の女性の体調が悪かったため病院に連れて行く際に、何らかの理由で急ハンドルを切り、事故が起きたとみられています。

車は歩道を乗り越えて左側の壁に衝突していて、警察が当時の状況を詳しく調べています。

怪我をされた方々が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA