交通事故 乗用車とバイクが追突し、稲葉栄一郎さん(69)が死亡 栃木県河内郡上三川町上蒲生の新4号国道

事故の概要

2017年11月12日午後0時40分ごろ、栃木県河内郡上三川町上蒲生の新4号国道で、信号待ちをしていた乗用車にバイクが追突する事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた茨城県水戸市百合が丘町に住む会社役員の稲葉栄一郎さん(69)が病院に搬送されましたが、首などを強く打っていて、約12時
間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

事故の状況について

事故の現場は片側3車線の直線道路で、稲葉さんは真ん中の車線で信号待ちの列の最後尾にいた車に追突しており、現場にはブレーキ痕があったことから、警察は前方不注意の可能性があるとみて詳しい事故状況を調べている。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA