交通事故 乗用車3台に次々と衝突し、ひき逃げした男性が逮捕 福島県いわき市

事故の概要

2017年11月2日午後6時15分ごろ、福島県いわき市の県道で、対向車線で右折するため停止していた乗用車3台に次々と衝突し、乗用車に乗っていた15歳から52歳までの男女3人に軽傷を負わせ、現場から逃走するひき逃げ事故がありました。

警察は、その後2017年11月13日午後6時35分、自動車運転処罰法違反(過失致傷)とひき逃げの疑いで、福島県いわき市に住む容疑者の男性(53)を逮捕しました。

警察の調べに対して、容疑者の男性は容疑を認めているということです。

事故の状況について

事故発生当時は、現場近くの交差点の右折待ちで複数台の車が列を作り停止していた。

容疑者男の車はこのうち後方に停止中の3台に衝突したということです。

被害者や目撃者らの目撃証言などから捜査し逮捕しました。

補足関連記事

自動車どうしの事故であっても、怪我人が出た人身事故の場合に現場から走り去ると、法律上のひき逃げ事故となります。

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA