交通事故 軽乗用車が対向車線をはみだし、大型バイクと衝突し、奥平義行さん(59)が重体 長野県佐久市桑山

事故の概要

2017年11月12日午後2時50分ごろ、長野県佐久市桑山の県道で、軽乗用車が対向車線をはみだし、大型バイクと衝突する事故がありました。

この事故で、大型バイクを運転していた長野県佐久市春日に住む会社員の奥平義行さん(59)が病院に搬送されましたが、頭などを強く打ち、意識不明の重体となっています。

警察は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、軽乗用車を運転していた長野県佐久市新子田に住むパート従業員の中沢美鶴容疑者(47)を現行犯逮捕しました。

調べに対して中沢容疑者は「よそ見をしていた」という趣旨の供述をしているということです。

事故の状況について

事故の現場は軽乗用車から見て左カーブの場所でした。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA