交通事故 在間亮平容疑者(41)が暴走し、少なくても6件の事故 愛媛県松山市

事故の概要

2017年11月13日午後、愛媛県松山市で、当て逃げ事故を起こした車が、およそ1時間にわたり、市内を暴走し、少なくても6件の事故を起こし逮捕されました。

警察に逮捕されたのは、愛媛県今治市に住む会社員の在間亮平容疑者(41)です。

この事故で、自転車に乗っていた60代の女性が軽傷を負っています。

在間容疑者は、警察の調べに対し、「いろんなストレスから、自暴自棄になって、無謀な運転をしようと思った」と容疑を認めている。

事故の状況について

在間容疑者は、愛媛県松山市の国道で物損事故を起こしたあと、そのまま逃走して人身事故などを起こし、さらに暴走したあと、逮捕されたということです。

後部座席には、在間容疑者の母親が乗っていたということでした。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

当て逃げの罪について 罰則や時効について

 

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

 

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA