交通事故 軽乗用車がふたりの女性をはね、栗木スエ子さん(73)が重体、菅弘子さん(83)が重傷 熊本県山鹿市山鹿

事故の概要

2017年11月12日午後5時50分ごろ、熊本県山鹿市の市道で、高齢の女性2人が左から来た軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、ふたりの女性は病院に搬送されましたが、近くに住む栗木スエ子さん(73)が頭を強く打つなどして意識不明の重体、菅弘子さん(83)が骨盤などを骨折する重傷を負いました。

軽乗用車を運転していた会社員の女性(62)は警察の調べに対して「前をよく見ていなかった」と話しているということです。

事故の状況について

事故の現場は熊本県山鹿市山鹿の片側一車線の見通しの良い直線道路で、近くには横断歩道はありませんでした。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

横断歩道じゃない場所を横断する歩行者をはねてしまった場合の過失割合

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA