交通事故 大型トラックの左折にバイクが巻き込まれた事故で、桑野文男容疑者(51)を逮捕 大阪府東大阪市

事故の概要

2017年11月13日午前6時ごろ、大阪府東大阪市の交差点で、大型トラックとバイクが衝突する事故がありました。

この事故で、バイクを運転していた50代の男性が病院に搬送されましたが、まもなく搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察はトラックを運転していた大阪府枚方市に住む桑野文男容疑者(51)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しています。

桑野容疑者は、警察の調べに対して「左折禁止の交差点を左折した。バイクが見えなくてひいてしまった」と容疑を認めているということです。

警察は亡くなった男性の身元の確認を急ぐとともに、容疑を過失運転致死に切り替え調べを進めています。

事故の状況について

事故の現場は東大阪市本庄西3丁目の中央環状線で「トラックの下に人が倒れている」と大型トラックの運転手から警察に通報がありました。

左折禁止の道路をトラックが左折し、側道を直進してきたバイクを巻き込んだという事故で、バイクを運転していた男性はトラックの下敷きになってしまいました。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA