故意に6人を乗用車はねた中野恭平容疑者(27)を殺人未遂の疑いで逮捕 茨城県筑西市

警察は2017年11月11日に口論をきっかけに男女6人を故意に車ではねたとして、翌日12日に茨城県桜川市真壁町源法寺に住む中野恭平容疑者(27)を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

中野容疑者は、警察の調べに対して、はねたことについては認めているものの、殺意については否認しているということです。

事件の内容について

中野容疑者は2017年11月11日午前0時35分ごろ、茨城県筑西市のカラオケ店前の歩道にいた同市に住むアルバイト女性(26)ら6人を自分の乗用車ではねた疑いで、被害者のうちアルバイト女性ら2人は中野容疑者の友人だったということです。

中野容疑者と友人らのグループはカラオケ店で、茨城県筑西市に住む会社員の男性(23)らと口論になり、グループ同士で路上でもみ合いのけんかとなり、中野容疑者は近くに止めていた自らの車に乗り、この会社員の男性ら6人にぶつけ、車はブロック塀に衝突して止まったということです。

この事件により、はねられた被害者の女性が左足の骨を折る重傷を負ったほか、ほかの5人も打撲などの軽傷を負いました。

怪我をされた方々が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故ではないため、自動車保険の利用はできないだけでなく、適用される刑事責任も重いものになると思います。

殺人未遂の疑いで逮捕された事件の取り扱いについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA