交通事故 当て逃げし、直後に100円ショップに突っ込んだ車の運転手が逃走 大阪府豊中市蛍池中町

事故の概要

2017年11月12日午前1時前に、大阪府豊中市蛍池中町で、100円ショップの店舗に車が突っ込む事故がありました。

店は閉店後で従業員や客などが不在だったため、怪我人は出ませんでしたが、この事故で店舗の入口周辺のガラスが割れ、商品が散乱しています。

突っ込んだ車の運転手は、壊れた車を現場に残したまま逃走しており、警察は、店舗に突っ込んだ器物損壊罪と当て逃げの道交法違反の疑いで、運転手の行方を追っています。

事故の状況について

店舗に突っ込んだ車は、その直前にも100m離れた阪急蛍池駅前で当て逃げ事故も起こしていて、被害男性が後を追って店舗に突っ込む様子を目撃し、110番通報していました。

警察は逃げた運転手の行方を追っています。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

当て逃げの罪について 罰則や時効について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA