交通事故 飲酒運転の軽乗用車が対向車線にはみ出し、トラックと衝突した事故 京都府綾部市高津町の府道

事故の概要

2017年11月11日午前10時45分ごろ、京都府綾部市高津町の府道で、飲酒運転の軽乗用車が対向車線にはみ出し、トラックと衝突する事故がありました。

この事故で、相手のトラックを運転していた男性(46)には怪我はありませんでした。

警察は道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、京都府福知山市堀に住むアルバイトの男性(22)を逮捕しました。

事故の状況について

軽乗用車が対向車線にはみ出し、京都府舞鶴市の運送業者のトラックと衝突する事故を起こし、運転していた男性の呼気から基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA