飲酒運転 小学校教諭の関慶広容疑者(50)が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕 茨城県取手市

事故の概要

2017年11月11日午前2時半ごろ、茨城県取手市の国道で、小学校教諭の関慶広容疑者(50)が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。

警察の調べに対して、関容疑者は容疑を否認しているということです。

状況について

関容疑者は自家用車を酒気帯び状態で運転したいたところ、茨城県取手市白山の国道294号線の警察の検問により、関容疑者から基準値を超えるアルコールが検出されたということです。

取手市教育委員会の矢作進教育長は「日頃から教職員の信用失墜行為がないように取り組んでいるところ、県民の信頼を損なうことになり大変遺憾に思い、心よりお詫び申し上げます」とコメントしています。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

飲酒運転で交通事故を起こした地方公務員の懲戒処分の基準について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA