交通事故 3台のパトカーに追跡された乗用車がミニバイクをひき逃げした事故 京都府京都市南区吉祥院流作町の交差点

事故の概要

2017年11月10日午後1時10分ごろ、京都府京都市南区吉祥院流作町の交差点で、パトカー3台に追跡されていた乗用車が、弁当配達中のミニバイクの女性(44)に衝突し、ひき逃げする事故がありました。

この事故で、ミニバイクに乗っていた京都府京都市南区に住む女性は転倒し、脚などに軽傷を負いました。

乗用車は事故後も逃走し、約1時間後に現場から約2キロ離れた京都府京都市右京区内のコンビニ駐車場で放置されているのが見つかりました。

警察はひき逃げ事件として捜査しています。

犯人逮捕 2017.11.26追記

警察は、2017年11月25日に、京都府京都市西京区桂上野東町に住む無職の男性(23)を自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道交法違反(ひき逃げ)の疑いで、逮捕しました。

逮捕された男性は24日夜に、南署に出頭し、「捕まるのが嫌で逃げた」と供述しているということです。

事故の状況について

パトカーで巡回中の西京署地域課員が、事故の5分前に、京都府京都市西京区で、恐喝事件に関係するとして手配されていた車を発見し、停止を求めたが応じなかったため、緊急走行で追跡していました。

応援の2台のパトカーとともに逃走する乗用車を約4kmにわたり追跡していたということです。

警察は「女性がけがをされたことは残念。追跡は適正だった」としています。

怪我をされた女性が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

パトカーから逃げている自動車が起こした事故の自動車保険の取り扱いについて

警察から逃げるために故意に起こした事故でも、被害者救済のために自動車保険が支払われる?(未必の故意の取り扱い)

警察が追跡していた車両が起こした事故で、警察が責任を負う場合とは?

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA