交通事故 小学4年生の藤田優桜さん(9)がダンプにはねられ死亡した事故で、吉岡真由美容疑者(47)を逮捕 愛知県名古屋市港区東茶屋

事故の概要

2017年11月9日午後4時前に、愛知県名古屋市港区で、自転車に乗った近くに住む小学4年生の藤田優桜さん(9)が、ダンプカーにはねられる事故がありました。

この事故で、藤田さんは意識不明のまま病院に搬送されましたが、約1時間後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察はダンプカーを運転していた吉岡真由美容疑者(47)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕しました。

警察は容疑を過失運転致死に切り替え、事故当時の状況を詳しく調べています。

吉岡容疑者は警察の調べに対して「他の車に気を取られていて自転車に気づかなかった」と話しています。

事故の状況について

事故の現場は、愛知県名古屋市港区東茶屋の信号のない交差点で、友人と近くの公園に向かうために、自転車に乗った藤田さんが横断歩道を渡っていたところ、左折しようとしていたダンプカーにひかれました。

警察によりますと藤田さんはダンプカーの右の後輪に足を挟まれたということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り致します。

補足関連記事

横断歩道を渡る歩行者をはねてしまった場合の過失割合

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA