交通事故 大型ダンプが物置に突っ込み、運転手の男性(60)が死亡 福島県福島市

事故の概要

2017年11月8日午前10時5分ごろ、福島県福島市で、大型ダンプカーが木造2階建ての物置に突っ込む事故がありました。

この事故で、大型ダンプカーを運転していた福島県二本松市に住む男性運転手(60)が、全身を強く打ち死亡しました。

物置に隣接する住民らには怪我はなかったということです。

同署が詳しい事故の原因を調べています。

事故の状況について

大型ダンプカーは、道路左側の縁石に接触した弾みで、道路右側の倉庫にぶつかり、さらに反対にハンドルを切って道路左側の民家の物置に突っ込んだとみられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

単独事故を起こした運転手や同乗者の怪我の治療費や保険金について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA