交通事故 追突され押された乗用車が児童ら5人をはねてしまった事故 福岡県筑紫野市阿志岐の県道交差点

事故の概要

2017年11月8日午前7時50分ごろ、福岡県筑紫野市阿志岐の県道交差点で、軽乗用車が乗用車に追突し、押された乗用車が横断歩道を横断しようとしていた児童らをはねる事故がありました。

この事故で、市立阿志岐小学校に通う児童4人と女性(50)が軽傷を負いました。

また追突した軽乗用車を運転していた女性(61)も軽傷だということです。

事故の状況について

左折しようと停車していた福岡県筑紫野市に住む会社員の男性(24)の乗用車に軽自動車が後ろから衝突し、事故のはずみで乗用車が押されました。

現場は小学校の近くで、被害にあった児童は通学途中でした。

巻き込まれた女性(50)は4人とは別の児童の保護者で、通学に付き添っていたということです。

阿志岐小学校によると怪我をしたのは、3年生と4年生の女子児童がそれぞれ1人づつと4年生の男子児童2人の合計4人です。

4人とも事故後も歩いて登校したということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

事故に巻き込まれ、人を死傷させた場合の運転手の刑事責任などについて

怪我がなくても自分の自動車保険から支払われる保険金について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA