交通事故 女子児童(9)が乗用車にひき逃げされた事故で、加藤王一容疑者(80)を逮捕 静岡県富士市中野の県道

事故の概要

2017年11月6日午後2時40分ごろ、静岡県富士市中野の県道で、横断歩道を横断する小学3年生の女児(9)が乗用車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、女児は顔や右肘と右足などを打つ軽傷を負いました。

警察は、同日に自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)と道路交通法違反(ひき逃げ)の疑いで、富士市吉原に住む富士市水泳協会会長で会社役員の加藤王一容疑者(80)を逮捕しました。

加藤容疑者は警察の調べに対して容疑を認めているということです。

事故の状況について

通行人がひき逃げ事故を目撃しており、車両の特徴などから加藤容疑者が浮上したということです。

怪我をされた女子児童が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA