交通事故 グループホームの送迎用のワンボックスカーが街路樹に衝突し、横転した事故 石川県野々市市の県道

事故の概要

2017年11月7日午後2時半過ぎに、石川県野々市市の県道で、グループホーム「ゆとりの園」の送迎用のワンボックスカーが街路樹に衝突し、横転する事故がありました。

この事故で、車内にいた高齢者5人とスタッフ2人全員が病院に搬送されており、5人が足の骨を折るなどの重傷負ったほか、2人が軽い怪我をしています。

事故の状況について

事故の現場は石川県野々市市清金1丁目の県道額谷三浦線で、見通しの良い片側2車線の直線道路です。

金沢市にある民間の介護施設「ゆとりの園」の利用者を乗せたワゴン車が道路脇の街路樹にぶつかって横転した事故です。

ワゴン車には、運転手男性(71)と施設の女性スタッフ(17)と90代の高齢者5名が乗っていました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA