交通事故 高齢者女性(82)がひき逃げされた事故で、滝澤修容疑者(50)を逮捕 神奈川県川崎市中原区

事故の概要

2017年11月6日午後4時半ごろ、神奈川県川崎市中原区井田の路上で、高齢者女性(82)が乗用車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、高齢者女性は肋骨を折る重傷を負っています。

警察は、翌日の7日に、会社員の滝澤修容疑者(50)をひき逃げなどの疑いで逮捕しました。

警察の調べに対して滝澤容疑者は「何かにぶつかった気がしたが、そのまま行ってしまった」と話しているということです。

また滝澤容疑者の呼気からは基準値を超えるアルコールが検出されたということで、県警が関連を調べています。

事故の状況について

滝澤容疑者の運転する乗用車のサイドミラーが、路側帯を歩く82歳の女性と衝突したにも関わらず、逃走したひき逃げ事故です。

被害にあった高齢者女性は、衝突した際に転倒して頭を打っていて、肋骨などを折る重傷ですが、命に別状はないということです。

事故でぶつかったサイドミラーは折れて現場近くに落ちていたほか、目撃者が車のナンバーを覚えていたことなどから、県警の捜査員が付近の店舗にとまっていた滝澤容疑者の車を発見しました。

怪我をされた方が一日も早く回復されることを願っています。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA