交通事故 軽乗用車と普通乗用車、自転車や歩行者などが絡む多重事故 福岡県志免町別府の交差点

事故の概要

2017年11月7日午前10時ごろ、福岡県志免町の交差点で、車2台と自転車や歩行者が関係する事故がありました。

警察によりますと、この事故で6人が病院に搬送されており、うち軽乗用車を運転していた70代の男性が意識不明の重体になっています。

また自転車に乗っていた80代の女性と、50代の男性歩行者がはねられて怪我をしており、普通乗用車に乗っていた40代の女性と女子中学生(12)、男の子(2)の3人も怪我をしているということです。

事故の状況について

事故があったのは、福岡県志免町別府の交差点で、軽乗用車と普通乗用車、それに自転車や歩行者が関係する事故がありました。

現場は福岡空港から800mほどの県道どうしが交わる信号機のある交差点で、警察は詳しい事故の状況を調べています。

怪我をされた方々が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA