交通事故 飲酒運転で2台の乗用車に衝突した宮城康一容疑者(43)を逮捕 福岡県福岡市

事故の概要

2017年11月6日午後6時15分ごろ、福岡県福岡市で、飲酒運転を乗用車が信号待ちの車に追突し、その後バックで後ろの車にも衝突する事故がありました。

警察は、福岡市東区和白東に住む宮城康一容疑者(43)を酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

宮城容疑者は警察の調べに対して、「家でハイボールを5リットルぐらい飲んだ」などと容疑を認めているということです。

事故の状況について

事故の現場は、福岡県福岡市東区和白丘の国道495号線で、普通乗用車が信号待ちをしていた車に追突したあと、さらにバックをして後ろの車に衝突しました。

宮城容疑者の呼気からは、基準値の4倍を超えるアルコールが検出されたため、警察は酒気帯び運転の現行犯で逮捕しました。

補足関連記事

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転の自動車の交通事故の被害者になった場合、保険はどうなるの?

交通事故のスピードと死亡率の関係

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA