交通事故 大型トラック2台と乗用車4台のあわせて6台が絡む事故 広島県三原市八幡町美生の山陽自動車道

事故の概要

2017年11月6日午後8時過ぎに、広島県三原市の山陽自動車道の上り線で、大型トラック2台と乗用車4台のあわせて6台が絡む事故がありました。

この事故で、乗用車に乗っていた40代の男性が胸の痛みを訴えるなど3人が病院に搬送されましたが、いずれも軽傷だということです。

事故の状況について

事故の現場は、広島県三原市八幡町美生の山陽自動車道の上り線で、追い越し車線から走行車線に入ろうとしたトラックが乗用車と衝突し、その後、後続の車も次々に事故を起こしたとみられるということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

高速道路で車線変更した際の交通事故の過失割合について

高速道路で同一車線の追突事故があった場合の過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA