交通事故 事故で動けない大型トラックに別の中型トラックが突っ込んだ事故 東京都大田区首都高速湾岸線

事故の概要

2017年11月6日午前3時過ぎに、東京都大田区の首都高速湾岸線で、単独事故で動けない大型トラックに別の中型トラック2が衝突する事故がありました。

この事故で、中型トラックを運転していた40代の男性が意識不明の状態で病院に運ばれましたが、約2時間半後に搬送先の病院で死亡が確認されました。

大型トラックを運転していた30代の男性も、足に軽傷を負っています。

警視庁は大型トラックを運転していた男性のけがの回復を待って詳しい状況を聞くとともに、事故の原因を調べています。

事故の状況について

大型トラックが単独事故を起こして中央分離帯に乗り上げて止まっていたところに、反対車線を走ってきた中型トラックが衝突した事故です。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、怪我をされた方が一日でもはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

無責事故とは何か?

事故に巻き込まれ、人を死傷させた場合の運転手の刑事責任などについて

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA