交通事故 原付バイクを押して横断していた男性(22)がひき逃げされた事故 大阪府泉大津市助松町1丁目

事故の概要

2017年11月6日午前0時過ぎに、大阪府泉大津市で、原付バイクを押して道路を横断していた男性が軽乗用車にひき逃げされる事故がありました。

この事故で、大阪府高石市に住む会社員の男性(22)は、顔面などを強く打ち、意識不明のまま病院に搬送されましたが、搬送先の病院で意識を取り戻し、命に別状はないということです。

軽乗用車は、そのまま事故現場から走り去っていて、警察はひき逃げ事件として捜査しています。

事故の状況について

事故の現場は大阪府泉大津市助松町1丁目にある交差点で、帰宅途中の男性が原付バイクを押しながら交差点を横断していたところ軽乗用車にはねられた事故とみられています。

通行人の男性が「車と単車が事故を起こしています」と通報をしてくれました。

補足関連記事

ひき逃げ事故の検挙率、発生件数などの実際の数値について

交通事故のひき逃げの罪に係る法令・罰則

ひき逃げ事故に気づかなかった場合の罰則や取り扱いについて

ひき逃げや自賠責保険に加入していない事故の被害者になった場合の対応方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA