交通事故 原付バイクを避けようとしてワゴン車が横転し、佐藤元一さん(60)が死亡 神奈川県厚木市

事故の概要

2017年11月4日午前3時半ごろ、神奈川県厚木市水引の交差点で、ワゴン車が急に車線変更をしようとした原付バイクを避けようとして、横転する事故がありました。

この事故で、ワゴン車を運転していた佐藤元一さん(60)は病院に搬送されましたが、搬送先の病院で死亡が確認されました。

警察は、原付バイクを運転していた男子大学生(19)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。

男子大学生は取り調べに対して「道を間違えてUターンしようとしていた」と容疑を認めているということです。

事故の状況について

警察によりますと、佐藤さんのワゴン車は前を走っていた原付バイクが突然、車線変更しようとしたのを避けようとして中央分離帯に衝突し、横転したということです。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

事故に巻き込まれ、人を死傷させた場合の運転手の刑事責任などについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA