交通事故 米空軍嘉手納基地所属の兵長が飲酒運転の当て逃げ事故で逮捕 沖縄県北谷町

事故の概要

2017年11月4日午前1時22分ごろ、沖縄県北谷町北谷1丁目の国道58号で、飲酒運転の乗用車が当て逃げする事故がありました。

警察は、米空軍嘉手納基地所属の兵長ラニボイ・メンドーザ・エスピリトゥ容疑者(25)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕しました。

事故の状況について

車の当て逃げ事件を捜査中の警察官が、エスピリトゥ容疑者の車を発見したところ、その運転手の呼気から基準値の3倍以上のアルコール分が検知されたということです。

補足関連記事

当て逃げの罪について 罰則や時効について

飲酒運転の罰則・刑罰などについて

飲酒運転でも自分や同乗者のために利用できる保険とできない保険について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA