交通事故 バスと乗用車が正面衝突した事故 岩手県奥州市前沢区の国道

事故の概要

2017年11月3日午後1時半ごろ、岩手県奥州市前沢区の国道で、バスと乗用車が正面衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車を運転していた80代の女性が怪我をしましたが、意識はあるということです。

またバスの乗客と乗員合わせて8人に怪我はありませんでした。

警察は乗用車が対向車線にはみ出し、バスに衝突したと見て調べています。

事故の状況について

事故の現場は、岩手県奥州市前沢区古城の国道4号で、平泉町方面に向かっていた岩手県交通の高速バスと、奥州市水沢区方面に向かっていた乗用車が正面衝突しています。

この事故で現場周辺はおよそ3時間に渡って、一時全面通行止めになりました。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

回避不能のタイミングで、対向車線に飛び出して起こした事故の場合には、双方が動いていても無責事故になり、損害賠償請求することができない可能性があります。

無責事故とは何か?

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA