交通事故 東北道の3ヵ所で追突事故 宮城県大和町の東北道

事故の概要

2017年11月3日午前9時57分ごろ、宮城県大和町の東北道下りで3ヵ所にわたり、追突事故が起きました。

これらの事故で、乗用車10台、軽乗用車1台の合計11台が事故に関係したということです。

これらの事故で、合計8人が怪我をしました。

 

事故の内容について

軽乗用車が乗用車に追突し、38~56歳の男女3人が軽傷を負いました。

その約10分後に約2キロ離れた地点で、乗用車3台の玉突き事故が発生し、さらにその約10分後に大和IC付近で乗用車4台の玉突き事故があり、46~72歳の男女9人と女児(8)が負傷したということです。

ほぼ同時刻に乗用車2台の追突事故も起きましたが、こちらは怪我人は出ませんでした。

警察によりますと、現場付近では午前7時半ごろ、トラックの物損事故があり、片側1車線に交通が規制され、渋滞が発生していたとのことです。

怪我をされた方々が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

事故に巻き込まれ、人を死傷させた場合の運転手の刑事責任などについて

怪我がなくても自分の自動車保険から支払われる保険金について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA