交通事故 2人の小学3年生の男子児童(9)が軽乗用車にはねられた事故で、西銘生二郎容疑者(68)を逮捕 茨城県ひたちなか市

事故の概要

2017年11月2日午後3時半ごろ、茨城県ひたちなか市の交差点で、横断歩道を渡っていた下校途中の小学3年生の男の子2人が、軽乗用車にはねられる事故がありました。

この事故で、2人の男子児童は9歳で全身を強く打ち病院に搬送されましたが、怪我の程度はいずれも軽いということです。

警察は軽乗用車を運転していた茨城県日立市の西銘生二郎容疑者(68)を過失運転傷害の疑いで、現行犯逮捕しており、事故の詳しい状況を調べています。

事故の状況について

事故の現場は、茨城県ひたちなか市馬渡の交差点で、男子児童たちは集団下校の途中で、横断歩道を渡っていたところ、赤信号を無視して走ってきた軽乗用車にはねられたとみられています。

事故のあった現場は、JR常磐線の勝田駅から東に4キロほど離れたところにある公園や住宅が建ち並ぶ地域です。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

横断歩道を渡る歩行者をはねてしまった場合の過失割合

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA