交通事故 乗用車が郵便局の車と衝突する事故 長野県飯田市白山町の県道

事故の概要

2017年11月2日午前10時ごろ、長野県飯田市の県道の交差点で、乗用車が郵便局の車と衝突し、郵便局の車が横転する事故がありました。

この事故で、60代の郵便局の男性局員が市内の病院に搬送されましたが、怪我は軽いということです。

乗用車を運転していた男性(77)は「赤信号を見落としたかも知れない」と話していたということです。

警察が事故の原因を詳しく調べています。

事故の状況について

事故の現場は、長野県飯田市白山町の県道の信号機のある交差点で、乗用車が飯田郵便局の男性局員が運転する車に衝突しました。

飯田郵便局によりますと車は当時配達中でしたが、郵便物は別の車に載せかえて配達し、業務に支障はありませんでした。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA