交通事故 堀忠雄町長(72)の乗用車と少女(16)のオートバイが衝突する事故 京都府井手町多賀の府道交差点

事故の概要

2017年11月1日午後4時45分ごろ、京都府井手町多賀の府道交差点で、同府和束町に住む堀忠雄町長(72)の乗用車と、京都府宇治市に住むの少女(16)のオートバイが衝突する事故がありました。

この事故で、少女が足を強く打ち、怪我を負いました。

また乗用車には、同府精華町の木村要町長(78)も同乗していましたが、2人には怪我はありませんでした。

事故の状況について

堀町長は同日午前から京都市内で開かれた会議に公用車を自ら運転して出席し、その後、別の会議に出席するため木村町長と木津川市に乗用車で向かっていたところ、交差点を右折する際に、対向車線を直進してきたバイクに衝突したとみられています。

怪我をされた方が一日も早く回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA