交通事故 軽乗用車どうしが衝突した事故で、今崎秀子さん(65)が死亡 徳島県徳島市北沖洲

事故の概要

2017年10月30日午後9時45分ごろ、徳島県徳島市北沖洲の県道と市道が交わる交差点で、右折の軽乗用車と直進の軽乗用車が衝突する事故がありました。

この事故で、右折車を運転していた徳島市中常三島町に住む清掃員の今崎秀子さん(65)が市内の病院に搬送されましたが、腹などを強く打ち、約6時間半後に死亡しました。

また直進車に乗っていたいずれも21歳の会社員の女性と女子大学生の2人も軽傷を負っています。

事故の状況について

事故の現場は、片側3車線の信号機がある交差点で、周辺には街灯もありました。

警察は、けがをした女性2人から話を聞くなどして、事故の詳しい状況を調べています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

信号機のある交差点での交通事故の基本過失割合 ~直進と右折車

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA