交通事故 サンデン交通のバスが高齢者女性(75)に衝突した事故 山口県下関市綾羅木新町の県道

事故の概要

2017年10月30日午後1時前に、山口県下関市で、路線バスに道路を横断していた市内に住む高齢者女性(75)がはねられる事故がありました。

この事故で、はねられた高齢者女性と路線バスに乗っていた別の高齢者女性(73)のあわせて2人が頭や腰に軽い怪我をしました。

バスに乗っていた他の7人の乗客と運転手には怪我はありませんでした。

事故の状況について

山口県下関市綾羅木新町の県道で、サンデン交通のバスが右側から道路を渡っていた高齢者女性(75)に衝突した事故です。

サンデン交通によりますと、バスの運転手は「女性が別の女性と一緒に道路を右から渡っていたのでクラクションを鳴らした。しかし再び歩き出し、急ブレーキをかけたが間に合わなかった」と話しているということです。

警察は運転手から事情を聞くなどして事故の詳しい原因を調べています。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA