交通事故 乗用車と軽乗用車が出会い頭に衝突する事故で、児童ら7人が重軽傷 埼玉県上里町勅使河原

事故の概要

2017年10月30日午前11時過ぎに、埼玉県上里町の交差点で、乗用車と軽乗用車が出会い頭に衝突する事故がありました。

この事故で、乗用車に乗っていた長野県軽井沢町に住む小学6年生の男子児童6人のうち、2人が頭などに大怪我をしたほか、4人が軽傷を負っています。

また、軽乗用車を運転していた女性(57)が腰などに大怪我をしました。

警察は乗用車が一時停止をせずに交差点に入ったことが事故の原因とみて、怪我をした児童1人の保護者で乗用車を運転していた男性(50)を過失運転傷害の疑いでその場で逮捕しました。

事故の状況について

事故の現場は、埼玉県上里町勅使河原の町道の信号機のない片側1車線の交差点で、乗用車の側に一時停止の標識があるということです。

警察によりますと、怪我をした男子児童6人は同じ小学校の同級生で、修学旅行の振り替え休日を利用して埼玉県上里町の遊戯施設に遊びに行く途中だったということです。

怪我をされた方が一日もはやく回復されることを願っています。

補足関連記事

信号機のない交差点での出会い頭の事故における過失割合について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA