交通事故 複数の車にはねられ女性が死亡した事故 山口県下関市王司本町の国道2号線

事故の概要

2017年10月29日午後7時前に、山口県下関市の国道2号線で、路上にいた女性が軽トラックにはねられ、対向車線に飛ばされ、さらに複数台の別の車にはねられる事故がありました。

この事故で、40代とみられる被害者の女性は全身を強く打って死亡しました。

警察は軽トラックの運転手の男性などから話を聞いて、事故の原因を詳しく調べています。

事故の状況について

事故の現場は山口県下関市王司本町の国道2号線で中央分離帯のある直線道路です。

周囲には街灯はなく、事故当時は周囲は暗かったということです。

被害にあった女性は2車線ある道路のうち、追い越し車線にいて、対向車線にはね飛ばされたあと、複数の自動車にはねられています。

亡くなられた方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

補足関連記事

複数台の車にはねられた事故では、共同不法行為として刑事責任が問われますが、この事故は非常に複雑なものになりそうです。

複数(2台以上)の車にはねられた場合の損害賠償と過失割合、加害者の罪について

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA