交通事故 乗用車2台が衝突し炎上、別の乗用車も事故車の部品に衝突した多重事故 山口県美祢市伊佐町の中国道下り線

事故の概要

2017年10月29日午後7時20分ごろ、山口県美祢市伊佐町の中国自動車道で、乗用車3台が絡む事故がありました。

この事故で、4人が病院に搬送されており、乗用車を運転していた福岡県北九州市に住む浦上真莉恵さん(29)が意識不明の重体で、同乗していた女性(26)も肋骨を折る重傷を負っています。

また、もう一台の乗用車を運転していた福岡県大牟田市に住む女性(36)と同乗していた息子の男子中学生(15)が顔や足の骨を折る重傷を負っています。

事故車のタイヤにぶつかった後続の別の乗用車に乗っていた男性二人に怪我はありませんでした。

事故の状況について

事故の現場は、山口県美祢市伊佐町の中国道下り線で、美祢ICと美祢西IC間の伊佐パーキングエリア近くで、事故処理のため、現場は上下線ともに一時通行止めになりました。

目撃者から「車が燃えている」と通報があり、2台の車が衝突して炎上し全焼しましたが、午後8時ごろに火は消えたということです。

この事故で、乗用車のタイヤが外れ、後続の別の乗用車が乗り上げたということです。

警察で事故の状況などを調べています。

補足関連記事

交通事故のスピードと死亡率の関係

交通事故で相手を死傷させた場合の刑事責任の種類と量刑について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA